Web アプリケーション (ASP.NET) で画面遷移をしてみよう(その2)

Web アプリケーションで、今度はポップアップ画面を表示させてみましょう。
※解説に用いた Visual Studio 2005 の Edition は、Team System Edition です。
サンプルのダウンロード

このカテゴリーの先頭へ このページの先頭へ

■Web サイトの作成

Web サイトの作成についてはWeb アプリケーション (ASP.NET) を作ってみようと 全く同じなのでここでは割愛します。
※今回は、場所を MyWebApp03 としました。

このカテゴリーの先頭へ このページの先頭へ

■Web フォームの追加

Web フォームの追加についてはWeb アプリケーション (ASP.NET) で画面遷移をしてみよう(その1)と 全く同じなのでここでは割愛します。

このカテゴリーの先頭へ このページの先頭へ

■コントロールの配置

コントロールの配置についてもWeb アプリケーション (ASP.NET) で画面遷移をしてみよう(その1)と 全く同じなのでここでは割愛します。

このカテゴリーの先頭へ このページの先頭へ

■コードを入力

MenuPage を デザイナ上または、ソリューションエクスプローラ上で、右クリックした時に現れるコンテキストメニューから[コードの表示]をクリックし、
コードビューに切り替えてください。
以下のコードを入力します。
Web アプリケーション (ASP.NET) で画面遷移をしてみよう(その1)と変わっているのは
MenuPage.aspx.vb の Button1_Click の最後の方だけです。

MenuPage.aspx.vb
Partial Class MenuPage
    Inherits System.Web.UI.Page

    Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
        Dim inputedString As String = Me.TextBox1.Text

        ' 入力されていなかった時はエラーメッセージを出力して処理終了
        If inputedString = "" Then
            Me.Label1.Text = "お名前をテキストボックスに入力して下さい"
            Me.TextBox1.Focus()
            Return
        End If

        ' 入力されていた時は Session に格納して画面遷移
        ' Session に格納
        Session("user_name") = inputedString
        Me.Label1.Text = ""
        ' 画面遷移(PopUp)
         ClientScript.RegisterStartupScript(Me.GetType(), _
                                           "TekitouNaKey", _
                                           "<script type='text/javascript'>window.open('ChildPage.aspx'," & _
                                           "'myWindowName'," & _
                                           "'width=300,height=300')</script>")
    End Sub
End Class

MenuPage 同様、ChildPage にも以下のコードを入力します。

MenuForm.vb
Partial Class ChildPage
    Inherits System.Web.UI.Page

    ' Page がロードされた時に実行されるイベント
    Protected Sub Page_Load(ByVal sender As Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Me.Load
        If Not IsPostBack Then
            ' 自分のページ(ChildPage.aspx)からの遷移でない場合
            ' Session にて渡された名前の情報を取得する。
            Dim name As String = DirectCast(Session("user_name"), String)
            ' 取得した情報を Label に表示する。
            Me.Label1.Text = name + "さん、こんにちは!"
        End If
    End Sub
End Class
このカテゴリーの先頭へ このページの先頭へ

■実行しよう!

コードの入力が終わったら、現在作業した MenuPage.aspx をスタート ページに設定します。
ソリューションエクスプローラ上で、MenuPage.aspx を右クリックして、[スタート ページに設定]をポイントします。

メニューバーの[デバッグ]→[デバッグ開始]をクリックして実行します。
↓こんな画面が出現しましたか?
最初のページ
まず、TextBox に何も入れないで Button をクリックしてみます。
最初のページ エラー表示
↑のメッセージがちゃんと出ましたか?

次に、TextBox に自分の名前を入力して Button をクリックしてみます。
次のページをポップアップ表示
ポップアップの画面が立ち上がり、その画面にあいさつ文が出力されているでしょうか。

上記の通りに動作すれば大成功です。

このカテゴリーの先頭へ このページの先頭へ

■参考資料

Page.ClientScript プロパティ
ClientScriptManager クラス
とほほのJavaScriptリファレンス window.open