Windows アプリケーションを作ってみよう

Console アプリケーションをマスターしたら、今度は Windows アプリケーションにチャレンジしてみましょう。
TextBox に入力された値を基に、Button をクリックした時にメッセージ出力します。
何も入力されていない時は、エラーメッセージを出力します。
※解説に用いた Visual Studio 2005 の Edition は、Team System Edition です。
サンプルのダウンロード

このカテゴリーの先頭へ このページの先頭へ

■プロジェクトの作成

Visual Studio 2005 を起動します。
メニューバーの[ファイル]→[新しいプロジェクト]をクリックします。
すると、こんな感じのダイアログが出てきます。
※私の VS の設定は、メニューバーの[オプション]→[プロジェクトおよびソリューション]のチェックボックスに
 に全てのチェックが入っている状態になっています。
Win_001
Windows アプリケーションをクリックして下さい。
プロジェクト名や場所は任意で入力して下さい。
※ここでは、プロジェクト名を MyWinApp01 としました。

[OK]ボタンを押下すると、以下の画面が出現します。
Win_002
プロジェクトの作成はとりあえず、完了しました。

このカテゴリーの先頭へ このページの先頭へ

■コントロールの配置

TextBox や Button 等のコントロールを配置しましょう。
ツールボックス(IDE 上に無い人は、メニューバーの[表示]→[ツールボックス]で表示させてくださいね)で、
[コモンコントロール]の中から、TextBox をクリックします。
その状態で、Form 上にマウスポインタを持っていってください。
マウスポインタが + になりましたね?
Form 上の TextBox を配置したいところで、クリックして下さい。
↓こんな感じに配置します。最初に配置した位置が気に入らなければ、TextBox をドラッグして位置調節して下さい。
Win_003

Button も TextBox と同様に配置します。
Win_004

配置が終わったら、メニューバーの[ファイル]→[Form1.vb の保存]で、保存しましょう。

このカテゴリーの先頭へ このページの先頭へ

■コードを入力

デザイナ上で Button をダブルクリックして下さい。
そうすると、コードビューに切り替わって、以下のコードが生成されているはずです。

Public Class Form1

    Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click

    End Sub
End Class
以下の様にコードを入力して下さい。
Form1.vb
Public Class Form1

    Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
        Dim inputedString As String = Me.TextBox1.Text

        ' 入力されていなかった時はエラーメッセージを出力して処理終了
        If inputedString = "" Then
            MessageBox.Show("お名前をテキストボックスに入力して下さい", _
                            Me.Text, _
                            MessageBoxButtons.OK, _
                            MessageBoxIcon.Warning)
            Me.TextBox1.Focus()
            Return
        End If

        ' 入力されていた時は挨拶のメッセージを出力
        MessageBox.Show("こんにちは" + inputedString + "さん!", _
                        Me.Text, _
                        MessageBoxButtons.OK, _
                        MessageBoxIcon.Information)
    End Sub
End Class

コードの入力が終わったら、メニューバーの[ファイル]→[Form1.vb の保存]で、保存しましょう。

このカテゴリーの先頭へ このページの先頭へ

■実行しよう!

コードの入力が終わったら、メニューバーの[デバッグ]→[デバッグ実行]をクリックしましょう。
以下のような実行画面が現れましたね。
Win_005

まず、TextBox に何も入れないで Button をクリックしてみます。
Win_006
↑のメッセージがちゃんと出ましたか?

次に、TextBox に自分の名前を入力して Button をクリックしてみます。
Win_007
↑のメッセージがちゃんと出ましたか?

2 つのメッセージが出れば大成功です。
メッセージの内容などを変更してみて、色々と遊んでみてください。

このカテゴリーの先頭へ このページの先頭へ

■参考資料

Form クラス
TextBox クラス
MessageBox.Show メソッド